カードローンの審査は在籍確認が有る

カードローンの申込みには必ず審査があり、審査に通らなければ融資を受けられませんが、カードローン審査の中で在籍確認という事を特に重要視しています。
カードローンは融資したお金の金利が利益となり、営業を続けていくことができるので融資をした申込者に返済能力がなければ貸し倒れになってしまい、資金回収もできなくなるため、申込者が会社勤めをして毎月収入を得て、融資をしても返済能力があるかを確認することになっていて、勤務年数や年収などから信用度を判断し、希望金額どおり融資を受けることができたり、融資限度額が下げられたり場合によっては断られることもあります。
カードローン審査の在籍確認は、おもに電話で在籍確認をすることが多く、申込者が記入した会社へ担当者から個人名で電話がはいるのでローンカードの審査とはわからないようにしていますが、本人がかならず電話にでる必要もなく、仕事で外へ出ているときや会議中で電話に出られないときは、電話応対にでたひとから本人がたしかに務めているということが確認できれば在籍確認が取れたということになります。
在籍確認で会社に電話がかかってくるのはどうしても嫌だというかたは、担当者と相談すれば何らかの方法が見つけられると思いますが、消費者金融の「モビット」「プロミス」の在籍確認は在籍証明書を提出することで在籍確認を終えたことになっているので、在籍確認が気になるかたはいちどこちらで検討されてみてはどうでしょうか。